無添加化粧品の定義

「無添加化粧品」という言葉について

自然な化粧品のイメージ

とにかく無添加化粧品であれば安心だと思う人は少なくありません。無添加化粧品=余計なものが入っていない安全な化粧品、というイメージを持っている可能性が高いからです。つまりは添加物がゼロというように思っていることになるでしょう。
でもこれは無添加がゼロというわけではないのです。現在化粧品については全ての成分を表示する義務があります。
その中で無添加と表示する場合の定義というのは、特に決まっていないのです。定義が無いということは、そこに曖昧さを感じることもあるのではないでしょうか。

 

化粧品メーカーで言う無添加とは?

化粧品メーカーで、無添加という名前を付けて商品化をしていることが多いです。つまりは、無添加という名前を付けることにより、購買欲を上げる効果を期待してのことなのです。
でも、化粧品メーカーが言う無添加というのは、何かの添加物が入っていないという意味のことがほとんどです。例えば合成着色料が無添加ということにより、無添加化粧品ということになります。
他の添加物が入っていても「無添加」という名前を付けることになるのです。そう考えると、無添加と書いてあるからといって、安全で安心というようには言えないことになるかもしれません。

植物由来の原料の中でも特に肌にやさしく美肌効果の高いものを厳選して使用。本当に肌に優しい無添加化粧品

こだわり抜いた無添加化粧品ならこちら

http://www.mutenka-okada.com/

無添加化粧品イメージ