添加物について1

添加物についての情報

添加物イメージ

どのような添加物が問題になっているのかは、気になるところだと思います。まずは石油系由来の成分です。これらについては防腐剤や合成香料、そして合成着色料や鉱物油、石油系界面活性剤などに使われているものです。
これらの名前を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。でも無添加だからということで、これらが入っていても大丈夫と信じ込んでしまっていることも多いと思います。
でもこれらの成分が実際に肌に合わないというような人も出ているかもしれませんので、慎重に製品を選ぶ必要があるのです。

 

その他の添加物とは

アルコールや合成ポリマーなどについても問題になっているものです。そしてキャリーオーバーもその1つです。化粧品の成分の中には含まれていなくても、成分が精製される家庭において使われる石油系やアルコールが残っているようなこともあるのです。
これはキャリーオーバー成分というように呼ばれています。これについて心配なのは表示義務が無いということなのです。もしもこういった製品によってアレルギーを起こすようなことがあっても、どの成分が理由でアレルギーが起きたのかを特定するまでに、かなり時間がかかることになります。