無添加化粧品の基準

無添加に定義はあるの?

本来は無添加には定義はありません。でも一応の基準としてあるのが昭和40年代に指定された102種類の表示成分です。これらについては、アレルギーを引き起こす可能性がある成分なのです。
つまりはこの中のどれかが入っていないのなら、○○無添加化粧品というように言って販売をしていることになります。ではその他の成分についてはどうなのでしょうか。そこに不安や心配を感じる人も中には、いるのではないでしょうか。
例えば○○は入っていなかったけれど、自分の肌に合わない●●は入っているということも、実際にあり得ることなのです。

 

無添加の基準が厳格に決まるまでは

虫眼鏡を持つ少女

無添加の基準は将来的には決まるのでしょうか。それについては難しいところがあるかもしれません。基準をはっきりさせることにより、商品を購入する人が減るということが考えられるからです。
そうなるとメーカー自体の存続が危うくなります。無添加ということを謳っているメーカーについて、これは致命的なこととも言えるでしょう。そしてこれから新しく登場する成分もあるかもしれません。
そうなるとその成分ごとに基準を設置しなければいけないことになります。そう考えると現状においては、どのような成分が配合されていて、どういうメリットがありデメリットがあるのかを知識として得ておく必要がありそうですね。